クラウン取り

大雨が続いたかと思うと、急に真夏日になり蒸し暑い一日だったですね。
イチゴシーズンが終了したハウスは、ビニールを閉めこんで太陽熱を利用して土壌消毒をします。
晴天日で約2週間熱消毒するんですよ。その後、ビニールとマルチを剥いでクラウン除去作業をするのですが、暑くなる前の梅雨時期に途中作業としてクラウン除去作業をしています。曇っててもハウス内は蒸しこんでいて汗びっしょりになります。
昨シーズンが約85000株イチゴを定植していたので、これから手作業で85000個のクラウンを取ることになります。
「やるぞーっ」と宮地君。クラウンを掘り起こすと、その後の中耕(畑を耕す)がやりやすいんです。
DSCN0059
DSCN0060

カテゴリー: 未分類 パーマリンク